出会い系サイトとサクラ

ロゴ
トップページ
<サクラは多い>
出会い系サイトとサクラについてですが出会い系サイトにはサクラと呼ばれる本当の客ではない雇われてメールを送ったり掲示板に書き込みをしている人が多いといわれています。無料の出会い系サイトの場合には得にサクラは多いといわれていますが、有料の出会い系サイトにもサクラはいるのでしょうか。出会い系サイトで真剣に出会いを求めているのにその相手がサクラだった場合には時間もお金ももったいないですよね。何より真剣に出会いを求めて有料のサイトを選んでいるのに意味がないと思います。出会い系サイトではサクラはどんな感じで接してくるのか、紹介してみたいと思いますから自分の目で感じて出会い系サイトのサクラであるかどうかを判断できるといいですね。 たとえばいきなり体の関係を逆援で申し込んでくるようなメールをしてくるのは普通の女性ではないですね。きっと出会い系サイトのサクラではないでしょうか。また、会話がなんとなくかみ合わないと思った場合にも出会い系サイトのサクラであることが多いといわれています。サクラのバイトをしている人は何人もの相手を受け持ってサクラをしていますから前に話していた内容をきちんと覚えている人は少ないようです。ですから以前話した内容を又聞いてきたりした場合には出会い系サイトのサクラの可能性が高いので注意した方がいいですね。

<今流行の街コンも出会い系>
出会い系という言葉って、絶対に手を出してはいけないブラックな世界というイメージがありませんか?しかし、じつはそんなこともないのです。というよりも、私たちは知らず知らずに出会い系のツールを利用しています。いったい、私たちはいつどこで出会い系を利用しているのでしょうか?その答えはSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。 もちろんSNSがイコール出会い系ツールというわけではありません。SNSもその利用方法次第で出会い系ツールになりえる、ということです。LINEやフェイスブック、ミクシィなどさまざまなSNSが存在していますが、それらを利用して新たな出会いを求めた時点で、SNSは出会い系ツールとなるのです。 そもそも「出会い系」という言葉にはハッキリした定義がありません。バズワードの一種なのです。つまり、出会い系という言葉をそのまま解釈するならば、「異性同性を問わず新たな人物と出会うためのツールや方法」となります。実際に出会い系の元祖は、パソコンが普及する前の時代に一部の人たちが利用していたBBSである、と言われているのです。このBBSは異性との出会いに限定したものではなく、同じ趣味を持つ人などが集うためのものでした。ある意味では今流行の街コンも出会い系と呼べるでしょう。 つまり、出会い系というものは私たちが思う以上に、私たちにとって身近な存在なのです。必要以上に恐れていては、視野を狭くしてしまう可能性もあります。警戒するべきは悪意ある利用者、運営者、主催者です。



Copyright(c) 出会い系サイトとサクラ. All right reserved.